ITスキル

Visual Studio CodeでJava環境構築の方法を解説!【for Windows】

マイクロソフトのソースコードエディタ「Visual Studio Code」でJavaの環境構築の方法を解説します。

Visual Studio Codeはマイクロソフトが開発しているWindows、Linux、macOS用のソースコードエディターです。世界中の人々が利用している人気の開発ツールです。

環境構築手順

1. JDKをインストール

Javaの開発/実行環境を構築するにはJDKのインストールが欠かせません。

JDK(Java Development kit)はJavaの開発や実行に必要なソフトウェアを一つにまとめたパッケージです。

JDKはORACLEのサイトからダウンロードすることができます。

詳しいインストール&設定方法はこちらの記事で解説しているので参考にしてください⇩

2. Visual Studio Codeをインストール

① OSを選択してダウンロード

Visual Studio Codeのwebサイトはこちら

ダウンロードページを開き、OSを選択してダウンロードします。

私のPCはWindowsなのでWindows版をダウンロードしました。

② exeファイルを開き、利用規約に同意

ダウンロードしたexeファイルを開くとウィンドウが開き、利用規約が表示されます。

「同意する」にチェックをし、「次へ」を押してください。

③ 追加タスクを選択

インストール時に追加で実行するタスクを選択します。

以下の4つをおススメします。

  • デスクトップ上にアイコンを作成する
  • エクスプローラーのファイルコンテキストメニューに[codeで開く]アクションを追加する
  • エクスプローラーのディレクトリコンテキストメニューに[codeで開く]アクションを追加する
  • PATHへの追加

「次へ」を押すとインストールが始まります。

④ インストール完了

4のステップで「デスクトップ上にアイコンを作成する」を選択していると、デスクトップ上にアイコンが追加されています。

3. 拡張機能をインストール

Visual Studio Codeで拡張機能を開き、「Etension Pack for Java」をインストールします。

javaで検索すると、Java Extension Pack for Javaが表示されるので、installを押下してください。

インストールが完了したら、パスを通します。

設定で「java home」と検索し、「Edit in settings json」をクリックします。

「java.jdt.ls.java.home」項目に、jdkのパスを入力します。

保存したら再起動しましょう。

Java実行方法

Visual Studio Codeでは、F5または右上の「Run java」を押下することでプログラムを実行することができます。

試しに以下のコードをF5を押して実行すると、コンソールに「Hello」と出力されます。

まとめ

この記事では、Visual Studio CodeのJava環境構築の方法を解説しました。

手順はこちらです。

  1. JDKをインストール
  2. Visual Studio Codeをインストール
  3. 拡張機能をインストール

VSCodeは非常に便利なコードエディタなので、環境構築することをおススメします。