お金の管理が楽になります!愛用の資産管理アプリ「Moneytree」を紹介!

スポンサーリンク
生活お役立ち情報

皆さん、お金の管理どうしてますか?
いちいち銀行口座の残高見て、クレジットの残高を見て、それをメモして…
なんて面倒なことしてませんか?

今回は、そんな手間を解消してくれる「Moneytree」(マネーツリー)を紹介します。
このアプリ一つで、自分の資産すべてを把握し、管理することができます!(無料です!)
いろんなアプリを行き来する必要がなくなりますよ~

引用元:Moneytree
スポンサーリンク

すごいところ

①銀行口座やクレジットカード利用額を一括して管理できる!

これが本当に最高です!
私は銀行口座が3つ、証券口座が2つ、クレジットカード3枚を持っているのですが、以前は
それぞれの口座のアプリで残高を確認したり、クレジットカードの利用額を把握しきれずに、
上限額を越えてしまうということがありました。

しかし!Moneytreeを使うことで、すべてのお金の情報を一度に確認することができるようになりました。
これによって…

  1. 煩わしかった作業が不要になる
  2. 身の丈に合った消費行動がとれるようになる。
  3. 資産の増減も把握できるので、節約の動機になる。
     →節約すれば資産の伸びが大きくなるのでうれしい(^_^)

銀行、クレジット、証券、保険などの幅広い金融機関に対応しています。
ロボアドの「ウェルスナビ」にまで対応しているのには驚きました(笑)

こんな感じで管理できます。
②楽天ポイント、Tポイントなどのポイントまで管理できる!

これもありがたい!
ポイントってもらっても使い忘れたり、そもそも貯まっていることに気づいていないこと良くありますよね?
各種ポイントも登録すれば確認できちゃうんです!

僕も、完全に忘れていた三井住友銀行のポイントがたまっていることに気づけました(笑)

③現金記録もつけることができる!


「今月どれくらいお金使ったかわからない…」ってこともありません!
現金支出を入力する画面があり、現金を使った場合はここで記録すればOK!
「支出」の欄では現金支出やクレジットカード使用額を併せた支出額を
月ごとや年ごとに見ることができます。

実は僕は昨日まで現金支出は別のアプリで管理していたのですが、この記事を書くときに
Moneytreeでも現金支出が管理できることを知りました。
昨日からMoneytreeで現金支出を管理し始めました(笑)

現金入力画面です。
スポンサーリンク

欠点

①対応していない金融機関がある

すべての金融機関に対応できているわけではありません。僕も利用している楽天銀行は口座を連携することができません。
そのような場合は、自分で項目を設定して、手入力で金額を入力することができます。
僕も、楽天銀行という項目を作って、残高が変わるたびに入力し直しています。

②無課金の場合、残高更新の頻度が少ない金融機関がある

Moneytreeには課金のプランも存在します。
僕が無課金のサービスで困ったことは、UFJ銀行の残高の更新が1週間に1度だったことです。
家賃の引き落としなど、大きい金額が動いたときに、「あれ、UFJの口座残高が変わってないぞ」と思うことがありました。
有料プランだと毎日更新できるのですが、無料プランでは更新頻度が少なくなる金融機関があるんです。

以下が、更新頻度が少ない金融機関です。

三菱UFJ銀行(個人)
みずほ銀行(法人: e-ビジネスサイト/ビジネスWEB)
青森銀行(個人・法人)
岩手銀行(個人・法人)
大分銀行(個人・法人)
中国銀行(法人)
東邦銀行(個人・法人)
鳥取銀行(個人・法人)

また、有料会員無料会員共に更新頻度が1週間に1度である金融機関は以下です。

池田泉州銀行(個人・法人)
京都銀行(個人)
福井銀行(個人・法人)

更新頻度が少ないのはほんの一部の機関なので、そこまで気にならないと思います!

③金融機関と連携することがやや面倒

金融機関を登録する際に、IDやパスワード等の情報が必要になるので、忘れてしまっていると少々面倒です(笑)
僕も、昔に作った口座のパスワードがわからなかったので、再設定したことがありました。
ただ、一度設定できれば使えるので、面倒なのは最初だけですのでご安心ください(笑)

絶対使うべき!

さて、これまで「Moneytree」のいいところと欠点をまとめましたが、いかがでしょうか?

欠点がまったく気にならないくらい、メリットが大きいですよね!

欠点ももちろんありましたが、どれもアプリを使用するにあたって、大したことないものばかりです。
使えば、資産管理が非常に楽になるので、おススメです!お金との向き合い方が変わりますよ。
ぜひダウンロードしてください!

ワカバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました