【初心者向け】Linuxを勉強するなら『新しいLinuxの教科書』がおすすめ!

スポンサーリンク
ITスキル

Linux初心者に向けておススメのテキストの紹介です!

この記事では、書籍『新しいLinuxの教科書』を紹介します。この本はこれからLinuxを勉強しようとしている方へおススメの1冊です!

『新しいLinuxの教科書』を初心者におススメする理由を3つ書いたので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

『新しいLinuxの教科書』の概要

  • 著者:三宅英明、大角祐介
  • 出版社:SBクリエイティブ
  • キャッチコピー⇩

MS-DOSを知らない世代のエンジニアに向けたLinux入門書の決定版。Linux自身の機能だけでなく、シェルスクリプトを使ったプログラミングや、Gitによるソフトウェア開発のバージョン管理など、イマドキのエンジニアなら知っておくべき知識についても、丁寧に解説しました!!

『新しいLinuxの教科書』の帯コメントより
スポンサーリンク

おススメする理由3つ

初心者が知りたいことが1冊に詰まっている

本書をLinux初心者におススメする最大の理由は、「この1冊に初心者が知りたいことがすべて詰まっているから」です。

Linuxを学ぶにあたりコマンドだけでなく、セットアップやログイン・ログアウト方法といったメイン操作以外の操作を知りたい方も多いと思います。この本にはこれらの内容もしっかりカバーしています。

例)

  • そもそもLinuxとは?
  • Linux学習環境のセットアップ方法
  • ログイン・ログアウト方法
  • 画面が動かない等のアクシデントの対処法

重要なポイントが厳選されている

本書の特徴として、「余計な情報がなく、初心者が知るべきことだけが書かれている」ということが挙げられます。

現在では主流でなくなったコマンドパターンや、上級者が知るべき内容はその旨が書かれているだけで解説がスルーされています。つまり、初心者が最短距離でLinux中級者にステップアップできるように構成されているのです。

初心者だった私が実践レベルに成長できた

実際に、私がLinuxを学び始めるときにこの本で学習しました。業務でLinuxを扱うようになり、操作が全く分からなかったため、勉強しようと思ったことがきっかけです。

全12Chapterあるので1日1Chapterを学習するようにしました。1Chapterにつき長くても2時間少々で学ぶことができます。復習も含めて2~3週間ほどで1冊すべて学習し終えました。

本書をすべて学び終えると、業務で必要な最低限の操作はすべて行えるようになりました!すらすらとコマンドを打てるようになり、学習した便利機能を使うことで作業時間がかなり短縮されました。

徐々に忘れてしまうこともあるので、Linuxに慣れた今もときどき本書を参考しながら業務を行っています。

まとめ

この記事では『新しいLinuxの教科書』が初心者におススメの理由を紹介しました。

おススメする理由は以下の3つです⇩

  • 初心者が知りたいことが1冊に詰まっている
  • 重要なポイントが厳選されている
  • 初心者だった私が実践レベルに成長できた

気になる方はぜひ手に取ってみてください。以下のリンクから購入することもできます⇩

目次(書籍内容の参考に)

こちらが『新しいLinuxの教科書』の目次です。本書にどのような内容が書かれているのか知りたい方は参考にしてください。

  • Chapter01 Linuxを使ってみよう
  • Chapter02 シェルって何だろう?
  • Chapter03 シェルの便利な機能
  • Chapter04 ファイルとディレクトリ
  • Chapter05 ファイル操作の基本
  • Chapter06 探す、調べる
  • Chapter07 テキストエディタ
  • Chapter08 bashの設定
  • Chapter09 ファイルパーミッション、スーパーユーザ
  • Chapter10 プロセスとジョブ
  • Chapter11 標準出入力とパイプライン
  • Chapter12 テキスト処理
  • Chapter13 正規表現
  • Chapter14 高度なテキスト処理
  • Chapter15 シェルスクリプトを書こう
  • Chapter16 シェルスクリプトの基礎知識
  • Chapter17 シェルスクリプトを活用しよう
  • Chapter18 アーカイブの圧縮
  • Chapter19 バージョン管理システム
  • Chapter20 ソフトウェアパッケージ
  • Appendix
    • リモートログインとSSH
    • infoドキュメントを読む
    • Linuxでの日本語入力について
    • 参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました