ITスキル

【Windows11】ファイル拡張子の表示/非表示を変更する方法

この記事ではWindows11ユーザに向けて、エクスプローラのファイル拡張子の表示/非表示を変更する方法を紹介します。

表示/非表示の切替はエクスプローラ上で簡単に行うことができます。ぜひ試してみてください!

拡張子とは?

拡張子とは、パソコンやスマホで扱ファイルの種類を区別するための文字列のことです。ファイル名の後にピリオド、そのあとに3~4文字程度の英数字の文字列という構成です。

以下は拡張子の例です。

拡張子ファイル種類
.txtテキストファイル
.pdf      PDFファイル      
.gif .jpg .png画像ファイル
.zipzipファイル
拡張子の例

拡張子の表示/非表示を変更する

方法①

エクスプローラの「表示」⇒「表示」と選択すると、「ファイル名拡張子」の項目が表示されます。

「ファイル名拡張子」のチェックを付け外しすることで拡張子の表示/非表示を変更することができます。

  • チェックあり⇒拡張子表示
  • チェック無し⇒拡張子非表示

方法②

エクスプローラの「…」⇒「オプション」を選択するとフォルダーオプション画面が開きます。

フォルダーオプション画面で「表示」タブを開くと「登録されている拡張子は表示しない」の項目が表示されます。

「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを付け外しすることで拡張子の表示/非表示を変更することができます。

  • チェックあり⇒拡張子非表示
  • チェック無し⇒拡張子表示

まとめ

この記事ではWindows11でファイル拡張子の表示/非表示を変更する方法を紹介しました。

紹介した方法は以下の2つです

  • 「ファイル名拡張子」チェックの付け外し
  • 「登録されている拡張子は表示しない」チェックの付け外し

簡単に変更することができるのでぜひ試してみてください!

こちらの記事もおススメ⇩