【ConoHaユーザー向け】自作のwebサイトを公開する方法

スポンサーリンク
ITスキル

自分でコーディングして作ったwebサイトを公開したい!

デモサイトとしてブログで使いたい!

このような方に向けて、レンタルサーバーの「ConoHa」を利用してwebサイトを公開する方法を教えます!

※webサイトを公開するためにはサーバーを用意しなければなりません。

スポンサーリンク

webサイト公開方法

アップロードするフォルダを用意

まずはwebサイトとして公開するファイルが入ったフォルダを用意します。

今回は「demo」という名前でフォルダーを用意しました。フォルダーの中身は以下のような構成です⇩

demo
 ├sightseeing.html
 |
 ├css
 | ├stylesheet.css
 | └responsive.css
 └img
   ├ヘッダー画像.png
   ├ヘッダー画像_黒.png
├メイン画像.jpg
   ├沖縄写真.jpg
   ├京都写真.jpg
   └北海道写真.jpg

ConoHaにログイン

フォルダーをアップロードするためにConoHaにログインします。

ConoHaのログインページはこちら

ファイルマネージャーへアクセス

フォルダーをアップロードするページに移動します。

トップページから「サイト管理」⇒「ファイルマネージャー」に移動

フォルダーをアップロード

「public.html」⇒「自分のドメイン名」に移動(私の場合はsalaryman-kurashi.com)

上のバーにある「アップロードボタン」を押してフォルダをアップロード

アップロード完了

自分のドメイン配下に「demo」フォルダーが配置されています。

ウェブサイトにアクセスしてみる

しっかりwebサイトが公開できているかアクセスして確かめましょう。

URLは「ドメイン名/フォルダー名/htmlファイル名」です。

今回の例では「https://salaryman-kurashi.com/demo/sightseeing.html」でアクセスします。

無事公開されていました!

リンクにしてブログで公開することもできます!⇩

公開したwebサイトはこちら

スポンサーリンク

まとめ

レンタルサーバーの「ConoHa」を利用してwebサイトを公開する方法を解説しました。

参考になれば幸いです。

  1. アップロードするフォルダを用意
  2. ConoHaにログイン
  3. ファイルマネージャーにアクセス
  4. フォルダーをアップロード
  5. ウェブサイトにアクセスしてみる

ワカバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました