【こんなはずじゃなかった】システムエンジニアの配属リスク5選!

スポンサーリンク
仕事
ワカバ
ワカバ

就職活動などで誰しも「配属リスク」という言葉を聞いたことがあると思います。

この記事では、現役システムエンジニアが「システムエンジニアの配属リスク」を5つ紹介します!

スポンサーリンク

配属リスクって何?

配属リスクとは、会社員(特に新入社員)が「どのような職種、場所に配属されるかわからない」といった配属前の不安を表す言葉です。

ワカバ
ワカバ

配属先の不確実性から、「配属ガチャ」なんて言ったりもします。

スポンサーリンク

システムエンジニアの配属リスク5選

システムエンジニアの配属リスクはこちらです

  1. 勤務地のリスク
  2. 業務の種類のリスク
  3. 扱うプログラミング言語のリスク
  4. 相手にする業界のリスク
  5. 人間関係のリスク

勤務地のリスク

1つ目は「勤務地のリスク」です。

システムエンジニアの勤務地のパターンは主に3つあります。

  • 本社勤務 
  • 支社勤務 
  • 客先常駐 

本社勤務支社勤務はその名の通り本社(ほとんどが東京)や支社(大阪や名古屋などが多い)で働くことです。これらは想像できると思います。

そして、システムエンジニアには客先常駐という働き方もあります。客先常駐とはシステムを提供しているお客様先の会社で働くことです。東京都内の場合もあれば、地方の場合も考えられます。

客先常駐の有無はもちろん企業によって分かれるかもしれませんが、システムエンジニアにはよくある働き方です。

このように、システムエンジニアも様々な場所で働く可能性があります。

業務の種類のリスク

システムエンジニアとして就職しても、会社によってはシステム開発以外の業務を行う可能性があります。

担当する可能性のある業務

  • システム開発
  • 営業
  • 総務(人事、経理など)

基本的にはシステム開発に携わる人がほとんどですが、開発以外の業務を行う人もいるのです。もちろん会社によります。

つまり「システム開発をやりたい!」と思っていても、営業や総務など希望とは異なる業務をしなければいけない可能性があるのです。

扱うプログラミング言語のリスク

システムエンジニア特有の配属リスクとして、「扱うプログラミング言語のリスク」があります。

システムエンジニアは配属先で特定の業界やシステムに関わることになり、それゆえに配属先によって扱うプログラミング言語は変わります。

よって、以下のようなケースが発生します。

  • Pythonやってみたかったのに扱う言語がJavaだった…
  • 他では役に立たないマイナーな言語をやることになった…
  • システムの基盤の担当になり、そもそもプログラミングをしない  etc…

このように、必ずしも自分がスキルを伸ばしたい言語に携われるとは限らないのです。これはシステムエンジニアとしてのキャリアを左右してしまう可能性もあります。

相手にする業界

大きなIT企業では、お客様の業界によって部署が分かれている場合が多いです。(金融、官公庁、一般企業など)

システム開発を通して携わりたい業界がある人にとっては、相手にする業界もリスクになります。

私の同僚にも、以下のような意志を持ってシステムエンジニアになった人がいました。

  • 教員を目指していたので、学校のシステムに携わりたい
  • 金融の大規模なプロジェクトに携わりたい
  • 誰もが使う交通機関のシステムを開発したい

このような人は、他の業界に携わることになった場合にモチベーションが下がってしまうかもしれません。

人間関係のリスク

パソコンに向き合いっぱなしのイメージのあるシステムエンジニアも、当然ながら人間関係のリスクはあります。

人間関係に関しては事前にどんな人が所属しているかを知ることが難しいので、運次第です。しかし、人間関係で悩まされてしまう人は少なくないので、あらかじめリスクを把握しておく必要があります。

私の周囲では部署内の人間関係の悩みで以下のようなものがありました。

  • 女性の新入社員の配属先に、おじさんしかいなかった
  • 上司が嫌味を言ってくる
  • 「俺の評価に関わるから」と言ってプレッシャーをかけてくる
  • 雰囲気が暗くて楽しくない

配属リスクを避けるためには

配属リスクを避けるためには以下の2つが重要です。

  1. 会社のことを詳しく知る
  2. 配属前に意思を具体的に示す

会社のことを詳しく知る

配属リスクを避けるために「会社のことを詳しく知る」ことが重要です。

あらかじめ会社のことを詳しく知っておけば、避けるべき部署や自分のやりたいことがある部署が分かります。

これは、次の項目の「配属前に意思を具体的に示す」ために必要なことなのです。情報がなければ選択することができません。

反対に部署のことを無知なままであると、自分に合わない部署に配属されて仕事のモチベーションが下がってしまう恐れがあります。

配属前に意思を具体的に示す

配属される前に面談等で自分の意思を示すことができる場面があると思います。

そこで必ず自分の意思を示すようにしましょう。意思を示さねければ思わぬ部署に配属されて辛い思いをしてしまうかもしれません。

意思を伝えるポイント

  • やりたいことの優先順位を決めておく
  • 譲れない条件を強調する
  • 希望部署があれば必ず伝える
  • やりたくないことも伝える

一番のポイントは「やりたくないことも伝える」ことです!これは「やりたくない仕事を避ける」ために必要です。配属リスクが大きく下がります。

ワカバ
ワカバ

私は「本社勤務以外は嫌です」と強調して伝えました。

結果、嬉しいことに本社勤務の部署に配属されました!

まとめ

ここまで、「システムエンジニアの配属リスク」を紹介してきました。

  1. 勤務地のリスク
  2. 業務の種類のリスク
  3. 扱うプログラミング言語のリスク
  4. 相手にする業界のリスク
  5. 人間関係のリスク

これからシステムエンジニアとして就職・転職を考えている方、ぜひ参考にしてください!

ワカバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました