基本情報に合格後すぐ始めよう!応用情報技術者試験に3か月で合格した勉強法

スポンサーリンク
資格

この記事では「基本情報に合格したらすぐに応用情報技術者試験を勉強すべき理由」と「3か月で合格した勉強法」を紹介します

システムエンジニアなどITに関わる方の多くが受験している応用情報技術者試験は立派な国家資格であり、ハイレベルなITエンジニアの証明になります。それだけに合格率は低く、合格率はどの試験でも20%前後です。

応用情報技術者試験に合格するには1日2時間勉強の場合8~9か月勉強する必要があるといわれていますが、基本情報技術者試験に合格した直後ならば3か月でも合格することも可能です。

私も基本情報に合格した後に3か月勉強して、余裕を持った点数で合格することができました!

スポンサーリンク

応用情報技術者試験の概要

  • 毎年4月と10月に実施
  • 対象者像:高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能を持ち、高度IT人材としての方向性を確立した者
  • 試験形式
スポンサーリンク

基本情報に受かったらすぐに勉強すべき理由

ほとんどのエンジニアが駆け出しの頃に基本情報技術者試験⇒応用情報技術者試験の順番で受験します。この2つの資格はエンジニアには必須の資格なのです。

そして、基本情報に合格したらすぐに応用情報技術者試験の勉強をすべき理由はズバリ、

午前試験の勉強が短くて済むからです。

基本情報と応用情報の午前試験は同じ形式で、80問の4択問題で合格ラインは60%です。そして、基本情報の知識で解ける問題が半分以上なのです。全体の問題の難易度も大差ありません。

なので基本情報に合格してすぐに応用情報の勉強を始めれば、午前試験の問題が半分以上解ける状態でスタートできるので、午前試験の勉強にかける時間が短くて済みます。その分難易度の高い午後試験に勉強時間を割くことができます。

基本情報に合格してすぐに始めれば、問題の大部分が共通している午前試験の勉強時間を短くできる!

3か月の勉強の流れ・勉強時間

私は基本情報以外のIT知識がない状態で始めて、勉強時間は平日1日1時間、土日1日2時間(2週間前は1.5倍くらい)でした。

先述の通り勉強時間が短く済む午前試験は最初の1か月で終わらせ、残りの2か月間を午後試験対策に充てます。午前試験の内容を忘れないために3か月目ではときどき午前試験の勉強もします。

3か月の勉強
  • 1か月目
    午前試験対策
  • 2か月目
    午後試験対策
  • 3か月目
    午後試験対策&ときどき午前試験対策

試験勉強の必須ツール

過去問道場

応用情報技術者試験ドットコム内で提供されている過去問学習サービスです。過去10年分以上の問題を解くことができます。もちろん無料です。

過去問道場では分野を指定できたり、問題にチェックをつけて解き直しができたりと非常に効果的な機能がそろっています。

詳しい機能はこちらの記事にまとめているのでぜひご覧ください⇩

テキスト

専門的なIT知識を覚えるためにテキストは必ず用意しましょう。応用情報は範囲が非常に広いため、分厚く内容が豊富なテキストを選ぶことを進めます。

おススメは『情報処理教科書 応用情報技術者 テキスト&問題集』です。

こちらのテキストは豊富な内容に加えて解説が非常にわかりやすく、さらには問題集もついています。テキストに迷っている方はとりあえずこれを選べば間違いありません!

午前試験の勉強法

過去問道場とテキストで知識の穴を埋める

午前試験の勉強法はズバリ、「過去問道場とテキストを利用して知識の穴を埋める」です。

先述した通り午前試験の大半は基本情報の知識で解くことができます。なので午前試験の勉強では基本情報でカバーできていない範囲を学ぶことが重要になります。

  • 「午前試験の過去問を解く⇒新たな分野や忘れてしまった分野があればテキストを確認して覚える」という手順を繰り返す
  • 間違えた問題をチェックして定期的に解きなおす(過去問道場にチェック機能アリ)

このように学習することで知識の穴が徐々に埋まり、得点が上がっていきます。

私の実際の手順

1日1時間、過去問道場でテキスト片手にひたすら問題を解く(間違えた問題を過去問道場の機能でチェックしておく)

4日に1回、チェックをつけた問題だけを解いて知識の定着を確認する(再度間違えたらチェックしたままにしておく)

正答率80%を超えたら安心

定期的に模擬試験を解いて自分の正答率を確かめましょう。模擬試験は過去問道場で解くことができます。

模擬試験の正答率が75~80%を超えたら午前試験は安泰です。午後試験の対策に移りましょう。

午後試験の勉強法

おススメの勉強の流れ

ステップ1:全ての分野を解いてみる

はじめに、過去問1回分の全ての分野(11個)を解いてみましょう。学習の最初にすべての問題にチャレンジすることで、難易度や得意不得意を知ることができます。

試験本番では2時間30分で大問を5つ解くので、大問1つあたり30分以内で解くようにしてください。そして採点も行いましょう。

過去問は、過去問道場ならばサイト内で解くことができます。問題用紙や解答用紙をダウンロードして解きたい方は過去問道場かIPAのホームページからダウンロードすることができます。

ステップ2:選択する分野を5~6つに絞る

全ての分野の問題に挑戦したら、学習する分野を5~6個決めましょう。

試験本番では必須の情報セキュリティに加えて、4つの分野を選択します。4つではなく5~6つ勉強することをおススメする理由は「わからない問題が出た時の保険」のためです。

しっかり勉強してもいつもと違う傾向の問題が出て全然わからないということはよくあります。応用情報の試験も同様です。そのようなときにほかの分野の問題を選択して解けるように、5~6つの分野を勉強しておくべきなのです。

勉強する分野はステップ1で実施した過去問の結果で決めましょう。点数が高かったり、苦手意識を感じなかったものを選んでください。

ちなみに私は「経営戦略、プログラミング、データベース、組込みシステム開発、プロジェクトマネジメント」の5つを勉強しました

ステップ3:ひたすら過去問を解く

選択する分野を決めたら、あとは必須の情報セキュリティと合わせて集中して勉強します。

過去問道場で過去の試験を手軽に解くことができるので、できる限り多くの問題を解きましょう。解いてるうちに問題のパターンに慣れてくるので、本番の試験で焦ることがなくなります。

わからないところがあればテキストを確認して学びなおしましょう。

午後試験勉強のポイント3つ

必ず時間を計る

午後試験は時間との勝負です。本番で時間内に解ききるために、常に時間を計るようにしてください。

1つの分野につき最初は30分、慣れてきたら25分以内に解くようにしてください。コンスタントに25分以内に解くことができるようになれば、本番に余裕を持って臨むことができます。

時間内に解く練習をすることで、解答するときのコツや捨てるべき問題の判断など自分なりのテクニックが見つかります。

2~3回は問題・解答用紙を印刷して解く

本番の状況に近づけるために、何度か問題用紙や解答用紙を印刷して問題を解くことをおススメします。

問題文の重要なポイントに線を引いて目立たせておくことは解くスピードを上げる有効なテクニックです。これは画面の問題を見て解く過去問道場では練習することができません。

そして、実際の問題用紙と解答用紙を使う経験をしておくことで本番で焦ることがなくなります。

解く順番を決めておく

これも本番の試験で焦らないようにするためのポイントです。

解く分野の順番を決めておくことで本番で焦って余計な時間を使うこともなくなります。もちろん、試験によって分野ごとの難易度は多少変わるので、難しいと思ったら後回しにしたり、予備で学習しておいた分野を選択するなどの柔軟性は必要です。

おススメは得意な分野・素早く解ける分野から先に解くことです。

もし不得意な分野から解いてしまうと、得意な分野にかけられる後半の時間が少なくなってしまい、焦ってミスが多くなってしまいます。得意な分野から解いて、残った時間いっぱいを不得意な分野に充てる方が余計な失点が少なくなると思います。

まとめ

この記事では 「基本情報に合格したらすぐに応用情報技術者試験を勉強すべき理由」と「3か月で合格した勉強法」 を紹介しました。

基本情報合格後すぐに始めるべき理由は「問題の大部分が共通している午前試験の勉強時間を短くできる!」です。

3か月の勉強法はざっくり言うと「1か月目に午前試験の対策をして、残りの2か月間で午後試験の対策をする」です。(詳細は本文を読んでください)

この記事が皆さんの役に立てればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました