ITスキル

【たった5分】Googleアナリティクスから自分のアクセスを除外する方法

この記事ではGoogleアナリティクスから自分のPCのアクセスを除外する方法を紹介します。

アクセスを除外するには、グローバルIPアドレスを調べて、アナリティクス上で除外の設定をするだけで簡単にできます。

「Webサイト、ブログの外部からのアクセス数を正確に把握したい!」という方、ぜひ参考にしてください!

5分以内にできて非常に簡単です!

アクセス除外方法

アクセス除外方法
  • 1
    グローバルIPアドレスを確認
  • 2
    Googleアナリティクスで除外設定
  • 3
    アクセスが無効になっているか確認

グローバルIPアドレスを確認

アナリティクス上で除外設定をするために、PCのグローバルIPアドレスを確認する必要があります。

グローバルIPアドレスとは・・・インターネットに接続されているコンピュータやルータを個々に特定するために一意に割り振られたIPアドレスのこと

使用しているPCのグローバルIPアドレスは、以下のサイトどちらかにアクセスすれば確認することができます。

CMAN NETWORK
ラッコツールズ

[ad]

Googleアナリティクスで除外設定

グローバルIPアドレスが確認出来たら、Googleアナリティクス上で除外設定を行います。

「管理」>「すべてのウェブサイトのデータ」>「フィルタ」を選択します。

「フィルタを追加」を選択します

「ビューにフィルタを追加」画面で以下のように設定します。

  • フィルタ名:任意の名前を入力
  • フィルタの種類:定義済み
  • フィルタの種類を選択:除外
  • 参照元かリンク先を選択します:IPアドレスからのトラフィック
  • 式を選択します:等しい
  • IPアドレス:確認したグローバルIPアドレスを入力

「保存」を選択するとフィルタが作成されます。

アクセスが無効になっているか確認

最後にアクセスが無効になっているか確認しましょう。

アナリティクスに登録しているWebサイト内の任意のページにアクセスします。他のアクセスと混同しないために、アクセスが少ないページを選択するか、テストページを作成することをおススメします。

アクセス数が0になっているか、0でない場合も「上位のアクティブページ」にURLが表示されていなければ成功です。

まとめ

この記事では「Googleアナリティクスで自分のPCからのアクセスを除外する方法」を紹介しました。

除外方法はこちらです

  1. グローバルIPアドレスを確認
  2. Googleアナリティクスで除外設定
  3. アクセスが無効になっているか確認

5分もかからずに簡単にできますのでぜひ参考にしてください!